おーはしです。

ねぇ知ってる?

(この)ブログを書いている人の100%は、日本語かな直接入力なんだよ。

というわけで、iPhoneでも日本語かな入力が使いたい!とおーはしは考えました。

iPhoneは、通常、日本語かな入力が使えない

日本語かな入力というのは、例えば下のキーボードで、「A」と打ち込むと「ち」と入力される入力方法のことです。iPhoneでは下のキーボードのような配置では日本語かな入力を使用できません。これは(この)ブログを書いている人にとって、とても不便なことです。

キーボード

iPhoneで日本語かな入力を使うためには、外付けキーボードが必要

iPhoneで日本語かな入力が使えずに困っている人のことを、「かな入力難民」といいます(ぼくの中では)。

難民は、ある日神のお告げを聞きました。

「なんじ、外付けのキーボードを買いなさい。さすれば救われん。」

実はiPhoneは、外付けのキーボードがあれば、日本語直接入力が出来るのです。

しかし…

アップル純正以外のキーボードでは、正しく日本語が入力されない

オレ「神よ、キーボードはどれを買えばいいのですか!!!?」

神「りんご製じゃぁ。それ以外では、主は救われないぞよ。」

オレ「!!!!」

日本語かな入力難民には、選択肢がありません。

これ↓を買いなさい。価格は7000円くらいだよ。

Apple – Apple Wireless Keyboard – ケーブルフリーでおどろきの薄さ。

写真 2015-02-19 3 55 12

※じっさいこれ以外を選択するメリットを1週間、調べ、考え、悩んでみたのですが、思いつかなかったです。

文字入力が不自由になるという罪からの開放

実際に使ってみている動画をアップロードしました。7分ほどあります。

使い心地は良好です。私の罪は許されたようです。

不都合な点

実は3つくらいしかありません。

・予測変換が出てきてうざい。
→記事公開時点では改善不可能です(いろいろ調べました)

・日本語の変換がばがば
→調教するしかなさそうです。

・シフト押しながら「ぬ」を入力して、F9を押すと「!」になる等が使えない、
→つかえない。アキラメロン。だってiOSだもん。かな入力 と半角英数字入力を上手に切り替えて、使い分けましょう。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

Amazonで購入すると少し安いようです。
ただ、それはバルク品なようです。
私はすぐ欲しかったので、近くのヤマダ電機で定価で買いました。
アップル純正品は基本的には、定価しか無いので、定価嫌な場合は、このバルク品を買うのが良いチョイスだと思います。

日本語かな入力難民のみなさまは、ぜひこれを購入し、救済されてください。

ではでは。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください